ソノテガ Cart MyPage

手土産のソノテガ!

2016.12.18
img_04_04-002_web

キットカットが合格祈願商品として人気があること、その理由が「きっと勝つ」ということについて、「ただの語呂あわせじゃーん!」なんて言っちゃうのは日本人として寂しいとソノテガ的には思います。

だって、日本の食文化と語呂合わせって、切っても切り離せないものだから。

例えば、おせち料理やお祝いの食事で、【鯛】⇒めでたい や 【昆布】⇒よろこぶ 【豆】⇒まめに暮らす 等は、言葉に思いや願いを込めて食事をするという素敵な日本文化。

そんな、日本文化の一つに「申年(さるどし)の梅」というのがあるのだそう。あまり知られていないこの「申年の梅」、災いがサル、病がサル、という願いを込めて、なんと、平安時代から大切にされてきたのだとか。

この「申年の梅」をギフトのソノテガ【あれかし】がプロデュース。 「申年の南高梅」が誕生しました。
img_04_04-001_web

【あれかし】では2017年の酉年の御年賀に申年のものを持っていくという、ひねりのきいた手土産の提案をしています。これってなかなか素敵だと思いませんか?