ソノテガ MyPage Cart

菊と日本人

2017.09.05

花の名前をあまり知らなくても菊はわかる。日本人の認知度の高さではトップクラスの花、それが菊。刺身に添えられていたり、仏壇に飾られていたり、皇室の紋が菊花だったり。

そんな菊が旬を迎える。9月9日は菊の節句だ。日本では昔から長寿を祈って、菊に願いを託してきた。例えば「きせわた」。菊に綿をかぶせ、菊の夜露を吸わせる。その綿で体や顔をぬぐえば、厄除けや長寿が叶うと信じられていたのだ。

最近ではスーパーの食品売り場に食用の菊が並ぶ。食用菊にはデトックス作用があり、長寿を願うなら食べたほうが効率がよさそう・・・ということで、菊の節句には菊を食べる人も多いのだとか。

今年の菊の節句には菊を食べてみようかなという人におすすめなのが菊花漬。菊の産地に住む女性が作る菊のピクルス。詳しく知りたい方はコチラの記事がおすすめです。