ソノテガ MyPage Cart

老いるを敬うソノテガ!

2017.08.31

「年をとる」というと、なんだかネガティブな感じがするのはなぜなのでしょう。年をとるとモノが見えづらくなって・・・。とか、年をとると腰が痛くて・・・。と身体的な老化現象と結び付けられるからでしょうか。

その点、「敬老の日」は長寿を祝いましょう!と、年をとることを良い面から捉えるところが素敵な日ですよね。

ただ、意味は分かっても、敬老の日のお祝いを始めるきっかけって難しくありませんか?「俺はまだまだ年寄りじゃないよ!」と気分を害さないかしら?と変な気を回したりして・・・。

縁起にまつわるモノやコトを提案している「あれかし」によると、今年の「敬老の日」はとても縁起の良い日なのだとか。何かを始めるにはとても良い日とされる一粒万倍日と、婚礼などにぴったりな最高の吉日とされる天赦日が重なるのだそうで、お祝いにはもってこいの日とのこと。普段は敬老の日は何もしない人や、敬老って何歳から祝ってあげたらいいのか?迷っている人は、縁起をきっかけに、今年から「老を敬う」を初めてみるのもいいかもしれませんね。