ソノテガ MyPage Cart

全国のお土産を人工知能がテイスティング(2)変わり種醬油

前回のご当地カレー対決に引き続きアンテナショップデュエル第2弾を行います!
全国のお土産を買うことのできるアンテナショップ密集地帯に会社帰りに寄り道をして、面白い商品を探してこよう!ということから始まったアンテナショップデュエル。

アンテナショップ銀座

面白いものを探すだけではエクストリームじゃない!!

そこで今回私たち2人がそれぞれ一押し商品を選んできて、どちらがアンテナのように発見してきた商品の良さを発信できるかを競っていきます!
prof

今回は私たちの判定だけでなくAIを使った写真の流行りそうスコアも測定していくので必見です。
前回のカレー対決、そしてAIについてはコチラをご覧ください。
天谷「今回のお題は変わり種醬油にしようか」
上園「カレー対決の時にアンテナショップ巡っていて、いろんな醤油あるなと思っていたところです」
天谷「おー、ちゃんとアンテナ張って探してるね」
上園「期待しててください(ドヤ顔)」

翌朝、、、
せーのっ
デュエル!!!

北のニラ醬油VS南のそら豆醤油

image_03_event_exn_shoyu_01

天谷上園おーーーーーーーーー
上園「お?喜界島ってことはもしかして鹿児島??」
天谷「そうそう、ちょっとしたサプライズ!まさか出身地のものがでてくるとは思わなかったでしょ!」

一押し商品プレゼンタイム

天谷「じゃあまずは僕が買ってきた商品から紹介していくね」

image_03_event_exn_shoyu_02
天谷は有楽町にある鹿児島遊楽館に行ってきました。

天谷僕が見つけてきたのはこちら!

image_03_event_exn_shoyu_07

天谷喜界島のそら豆しょうゆ!!
上園そら豆を使ってるしょうゆですか??鹿児島出身なのに知らなかったです・・・

天谷「アンテナの張り方がまだ足りてないんじゃない~?
上園
く、、、悔しい。でも私の選んだ商品も自信ありますよ!!私は天谷さんと逆で北を攻めましたよ。

上園は有楽町にある北海道どさんこプラザに行ってきました。

image_03_event_exn_shoyu_03

上園「次は私の番!こちらです」

image_03_event_exn_shoyu_05
上園ニラの想い出です!まず、この商品名。惹かれません?」
天谷「たしかに、気になる・・・」
上園「しかも、北海道のアンテナショップにはルーキーズコーナーっていうのがあって、そこの棚に並んでいたんですよ」

天谷「今回は二つとも醤油の味の予測が難しいね・・・」

実食

image_03_event_exn_shoyu_00

上園「両方の醤油の味と香りを食べ比べていきましょう!まずは私の醤油から!」

~先攻~

image_03_event_exn_shoyu_12

上園「わーーーーーー、開けた瞬間からニラの香りがすごい!!」
天谷「ほんとだ!ニラの存在感がすごいね」
上園「ニラの想い出の商品名のように、まさに記憶に残る香りですよ。味もニラの味がすごい!」
天谷「ニラそのものだね」

image_03_event_exn_shoyu_09

上園「口の中から鼻に通り抜けるまでニラニラしてます!」
天谷「言わんとすることはわかるけれど(笑) ニラだれと言ったほうがいいかもなぁ」
上園「料理にも合いそう!ひとたらしで料理にバッと色がつく感じ!最後のひと仕上げにふりかけたら、外さない感じがします!」

天谷「じゃあ次は僕の!」

~後攻~

IMG_0882

上園「あれ?そら豆の香りしますか?普通の醤油と同じような香りですね」
天谷「香りはいたって普通だね。味も普通の濃い口しょうゆと変わらなくて食べやすい!あとからコクがすごく残って、満足感もかなりあるよ」
上園「鹿児島の醤油だから甘いのかな~と思ったんですけど、甘みは少ないですね」
天谷「普段使いできるしょうゆって感じ!!!」

image_03_event_exn_shoyu_10

上園「匂いの時点では180度違う醤油ですね!」
天谷「実際に料理に使ったら、それぞれのいいところがより実感できそう。」
上園「いいですね!お互いの一押し醤油で料理提案しますか!」

二つの醤油が活きる食べ方

~先攻~

image_03_event_exn_shoyu_04
上園「このニラの醤油に合うのは・・・炒飯!」
天谷「炒飯か!」
上園「そうなんです!絶対合うこと間違いなし!!!最初に匂いを嗅いだ時にパッと思いつきました!」
天谷「たしかに、あの香りはインパクト強かった!」
上園「そこで!ニラを使わなくても、この醤油を隠し味に入れることで、香り豊かな炒飯ができること間違いなしってことでこれにしました!」
天谷「おなかすいてきたな~」
上園「さっそく作っていきますね!ぞの子’s Cooking!」

image_03_event_exn_shoyu_13
image_03_event_exn_shoyu_14
image_03_event_exn_shoyu_15

上園「おいし~~~~。たまらないですね。具材がなくても、時間がなくてもパパパッと作れちゃいますよ」
天谷「これは癖になる味だな~」
上園「直接食べた時はニラの味がガツンときたけど、ほかの食品と一緒に調理することでいい立役者になりますね」

~後攻~

IMG_0882

天谷「お次は僕の一押し醤油を使った商品いきまーす!」
上園「天谷さんの一押しは何ですか?」
天谷「醤油を使う料理といえば、もちろんこれでしょう」

image_03_event_exn_shoyu_17

上園「おっと。刺身ですか?」
天谷醤油といえば刺身、刺身といえば醤油でしょ」
上園「それはわかるんですが・・・。味も普通の醤油って感じでしたよね。そら豆しょうゆだからこそ!!っていうポイントって何ですか?」
天谷「まぁまぁ、それは食べてからのお楽しみ!」

image_03_event_exn_shoyu_18

天谷「お~、やはり王道!おいしい!!」
上園「うん、想像通りのおいしさです。いつも使っている醤油と同じかな?と思いますが・・・」
天谷「そう!そこがポイントなんだよ!」
上園「?????」

天谷「そら豆しょうゆは大豆も小麦も一切使ってないんだ。そら豆100%!」

上園「えー!?全く入ってないんですか!?」
天谷「そう!だから大豆や小麦のアレルギーがある人でも醤油を使った料理を楽しむことができるんだよ」
上園「なるほど~。それはそら豆しょうゆならではですね」

天谷「あと、小麦を使ってないことでグルテンフリーだからグルテンフリー生活をしている人にもいいよね」

上園「みんなが楽しめる醤油なんですね。ちなみにこの醬油はアレルギーの人の為に開発された商品なんですか?」
天谷「そう、それがまたこの醤油の面白いポイントなんだけど、実はこの醤油を作っている喜界島ではそらまめで醤油を作ってた歴史があるんだって」

上園「え!?そうなんですか」

南国喜界島では、台風が多く来るため、
台風の影響を受ける時期に収穫を迎える大豆より、
台風の影響を受けない時期に収穫できるそら豆で
醤油が作られていたのではないかと言われている。
         開発者:喜界町農産物加工センター 輝政和さんのお話より

上園「知らなかったです。昔の人の知恵ってことですね」
天谷「昔の人の知恵で、みんなが楽しめる醤油。だからこそのシンプルイズベストの刺身にしたってわけ」

AIは醤油が好き?

前回のカレーに引き続き、AIにも判定してもらいましょう!
詳しいAIでの測定方法についてはコチラをご覧ください。

まずは「ニラの想い出
AI判定_ニラの思い出

ニラの想い出の「流行りそうスコア」3.87293553352355961

続いて「そら豆しょうゆ
AI判定_そら豆醤油

そら豆しょうゆの「流行りそうスコア」4.831515312194824
このような結果になりました。

天谷カレーの時よりスコアが高くなったね」
上園「もしかしてAIは醤油がお好きなのでは!?」

天谷「そうだね。でも味も香りも2つの商品で180度違ってそれぞれの良さがあったね」
上園十人十色ならぬ十醤油十色。いいバトルでした」
AIの判定も見つつ、醤油に夢中になった二人の戦いはまだまだ続きます。

※ニラの想い出は7月でアンテナショップでの販売が終了となります。