ソノテガ MyPage Cart

img_03_news-muscle-monster-020

標高370mのアスレチック「マッスルモンスター」で己と向き合って出社

エクニュー!

こんにちは。
エクストリーム出社協会の
天谷窓大(あまや・そうた)です。

最近、自分のエクストリーム出社が
ヌルくなっているのではないか

悩んでいます。

エクストリーム出社協会スタートから
もうすぐ4年。
ここであらためて初心にかえり、
本来の「極端で過激な出社」と
向き合うべきなのではないだろうか・・・

そんな折、こんなサイトを見つけました。

370mの断崖絶壁で楽しむアスレチック

神奈川県相模原市にある、
「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」
以前にも「3日連続エクストリーム出社大会」にて
コラボさせていただいたこともあり、
エクストリーム出社協会が
大変お世話になっている遊園地です。

ここに今年3月誕生したアトラクション、
「マッスルモンスター」

muscle-monster-cap

標高370mの断崖絶壁の上に
建てられた、
高さビル5階分(約16m)
巨大アスレチック。

ただでさえ
ビル5階ぶんもの高さなのに、
それが標高370mの
ガケのてっぺんに・・・

どれだけ高い場所で
アスレチックすることになるんでしょうか。
エクストリームすぎる・・・


って、あ。
もしかして。

この「マッスルモンスター」を
通勤経路にできたら、
正真正銘のエクストリーム出社が
できるんじゃ・・・

マッスルモンスターから出社する

と、いうわけで

来ちゃいましたー!
さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト

時刻はただいま、月曜日の朝7:00。

本来は10:00(週末は9:00)オープンなのですが、
今回特別な許可をいただき、
マッスルモンスターから出社させていただけることになりました。

「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」のみなさま、
本当にありがとうございます!!!

入場ゲートをくぐり、前方をみてみると

山のうえに鎮座まします
巨大な構造物

これが「マッスルモンスター」。
遠く離れた場所からでも抜群の存在感です。

ちなみに今回は
営業時間前ということで、
30分ほど歩いて山をのぼります
これぞエクストリーム出社。


【おことわり1】
営業時間中は
設置場所の山頂まで
ロープウェイが運行されており、
景色を楽しみながら
上がることができます。

さて、なんやかんやで山頂に到着。

「遠くからでも
あんなに大きかったってことは、
近くで見ると
どれだけ大きいんだろうか……」

これが「マッスルモンスター」だ!

でかー!!

ビル5階ぶんは
ダテじゃありません。
近くでみると
あらためてデカい・・・。

まさに「砦」といった感じです。

なかでも圧倒されたのが、
いかつい骨組みに
ぶらさがる
無数の”仕掛け”たち。

この「マッスルモンスター」では、
92にものぼるアクティビティ
自由に体験することができるんです。

よく見ると
公園の池で見かけるようなボートや
マウンテンバイクまで
ぶらさがっています。

どうやって遊ぶの?!

いざ、出社

と、そんなにのんびりもしていられません。
今日(撮影日)が
月曜日ということを
忘れていました。

手元の時計は、8:32

これから30分ほどで
マッスルモンスターを制覇し、
10:00までに
都心の会社へ
出社しなければいけません。

92のアクティビティに挑んで出社。
はたして成功するのでしょうか・・・。

挑戦に先立ち、
インストラクターの方に説明を受けながら
落下防止のハーネスと命綱を装着します。
万が一、足を滑らせてしまっても
地面にまっさかさまということは
ありません。

エクストリームポイントを小型カメラで撮影

今回は私、天谷のヘルメットに装着した
小型カメラ映像をおりまぜながら、
この記事をごらんのみなさまにも
「マッスルモンスター」を
リアルに体感していただこうと思います。

【おことわり2】
安全のため、
携帯電話などの手荷物は
「マッスルモンスター」へは
持ち込めません。
今回は特別に許可を得たうえで、
落下防止対策を施した装備で
営業時間外に
撮影しています。

エクストリームポイント(1)
地上16m・幅15cmの足場

それではいざスタート・・・

あっもう
すでに怖いです

落ちないとはわかっていても
この高さ。
しかも足場になるのは
幅15cmほどの細い木の棒・・・

高さ12mの場所で
15cmしかない棒の上をあるく・・・

これもう、サーカスですわ。

子どもたちには
ちょうどよいサイズなのですが、
図体のデカい大人にとっては
これがまったく心もとない。。

まずは
この状況に慣れるところから
始めなければ。

そして
会社に行かなければ。

エクストリームポイント(2)
体重が重いほど怖くなる仕掛け

そうそう、
これ気になってたんですよ。
子ども用のカート。

緊張感あふれる状況のなかで
なんだかほっこりしますね。

のんびり空中散歩なんてしてみて・・・

【ヘルメットカメラの映像でどうぞ】

思ったより
スピード出るー。

気づいてしまった・・・。
マッスルモンスター、
この随所に設置された
子ども用遊具が
恐ろしい。

体重の軽い
子どもたちが乗っても
大きくグラグラすることはありません。
実際、子どもたちは
ヒョイヒョイとクリアするんだそう。

でも大人はちがいます。

体重の重い大人が乗ると
この穏やかなお子さま遊具は
キバを向いてくるのです・・・

たとえばこちら。

ビル5階相当の空中に
1本だけ渡された細い木のうえを
マウンテンバイクで渡りきる

というアトラクションです。

いちおう、
落下防止用の器具で
固定されてはいるのですが・・・

【ヘルメットカメラの映像】

大人が乗ると
体重で
自転車が思いっきり傾く。

いつもと同じ感覚で
ここの自転車に乗ろうとすると
バランスを崩して
奈落の底へ落ちます。
マジで。

落ちるのはイヤなので、
タイヤを股ではさんで
ソロソロと歩くハメに・・・

つづいて、こちら。

【おことわり】
安全のため、
マッスルモンスターで
ワイヤーをつかむ行為は
禁止されています。
天谷のような恰好は
マネしないでください。

校庭や公園なんかによくある
下がバネになってて
乗ると足元がぐらぐらする遊具。

体重の重い人が乗ると
より足元がぐらぐらして
楽しいですよね。
あくまで地上ではね。

想像してみてください。
落ちたらまず助からない高さで、
足元が常にぐらぐらしている状況を。

【ヘルメットカメラの映像】

マッスルモンスター、
大人と子どもで
まったくちがった景色が見えます。

体重が重いほど
恐ろしい思いを
することになります。

エクストリームポイント(3)
臆病な自分との闘い

基本的にすべての道が
エクストリーム仕様なので、
行くも戻るも
すべて自分の度胸次第。

【おことわり】
安全のため、
マッスルモンスターで
ワイヤーをつかむ行為は
禁止されています。
天谷のような恰好は
マネしないでください。

脱出口というものは
基本的にないので、
勇気を出すまで
ここから出ることが
できません。

ボルタリング風に
疑似岩の足場が設けられた

こちらの仕掛け。

革靴で臨んだら
怖すぎて
動けなくなりました。

落下の恐怖に
うなり声をあげながら
立ち尽くす様子を
動画でもご覧ください。

【ヘルメットカメラの映像】

撮っているときの本人は
必死で周りが見えていないのですが、
あらためて見返してみると
とにかく情けない・・・

動かなければ
リスクはありませんが、
ほとんど楽しめません。

なんか、
ちかごろの自分に突き付けられた
メッセージのように感じました。

動き出せば
怖い思いもたくさんしますが、
そのぶん見える景色は増える。

そうだ、
リスクを恐れていてはいけない・・・

エクストリームポイント(4)
恐怖を乗り越えたら見れる
素敵な眺め

マッスルモンスターには、
怖さを乗り越えたものだけに
約束される
眺め
があります。

【おことわり】
安全のため、
マッスルモンスターで
ワイヤーをつかむ行為は
禁止されています。
天谷のような恰好は
マネしないでください。

たとえば、
空中に浮かぶボートで味わえる・・・

森のなかを泳ぐような
浮遊感。

【ヘルメットカメラの映像】

自分を信じて
おぼつかない一歩を
踏み出した先に見える

【おことわり】
安全のため、
マッスルモンスターで
ワイヤーをつかむ行為は
禁止されています。
天谷のような恰好は
マネしないでください。

【ヘルメットカメラの映像】

標高370mの
すばらしい眺め。

エクストリーム出社の
初心を思い出した

エクストリームなアスレチックを
乗り越えながら、
私、だんだんと思い出してきました。

エクストリーム出社の初心を。

リスクに囲まれた
ギリギリの状況を進む
スリル。

自分との闘いに勝つ
達成感

【おことわり】
安全のため、
マッスルモンスターで
ワイヤーをつかむ行為は
禁止されています。
天谷のような恰好は
マネしないでください。

その先に見える
あたらしい世界の眺め。

その世界の眺めを
みんなに伝える喜び。

エクストリームを追い求めよう

オレ、初心をあらためました。
どんどん先陣を切って、
エクストリームな通勤経路を
開拓していこうと。

天谷窓大、
一生
エクストリームします!!

出社前に、
大きな気づきを
得ることができました。

エクストリームな環境で
自分と向き合うことができる
絶叫アスレチック。
それが「マッスルモンスター」。

みなさんもぜひ、
体験してみてほしいです。

それでは、
晴れ渡った心で
定時出社をキメたいと思います。

10:00からの会議も
思い切りエンジンかけてがんばれそうです!

いってきまーす!!