ソノテガ

07

あと1日で2016年の厄を落とす!

%e6%8e%83%e9%99%a4%ef%bc%91

2016年も残すところあと1日。
年末の恒例行事の1つと言えば…大掃除ですよね。
できれば、おうちの中、すべてをお掃除したいところですが、
そうはいかないことも…。

そこで、今回は、2017年に向けて、風水の観点からここだけはお掃除しておいた方がいいという場所をご紹介します。

 

1.床掃除

2016年は土の運気が強かった年だといわれています。そのため、足がつく場所、床から運気が入ってきやすい年でした。
つまり、床掃除をすればするほど、運気アップも…!という1年だったのです。ということで、2017年に向けて、終わりゆく2016年の掃除収めとして床はピカピカにしておくと新年の運気も入ってきやすいといわれています。

 

2.キッチン、トイレ、お風呂

2017年は、水の運気が高い年。
そのため、水回りをキレイに清潔にしておくことで、ラッキーなことが起こりやすいとも言われています。ということで、水場のお掃除・・・キッチンの水回り、おトイレ、お風呂場は、きっちりお掃除をして新年を迎えるといいでしょう。

 

3.寝具の洗濯や新調

2017年を象徴するキーワードの1つに“睡眠”があります。ということで、寝室のお掃除はもちろんですが、眠るときに一番お肌に触れる寝具の周りの見直しを。布団カバー、ベッドカバー、枕カバーの洗濯、または新しくするのもオススメです。新調する場合、カラーや柄をお悩みなら、2017年に関して言うと、カラーは、白か水色。柄はドットがラッキーを呼び寄せるはず。色や柄を決めていない方は、ご参考までに。

…ということで、2016年中にお掃除しておきたい場所は、床、水回り、寝室(寝具関係)でした。

お掃除をすることで不浄なものがなくなり、なくなったところには、新しいものが入ってきます。
人間だって清潔なところのほうが気持ちがいいものですから、新しい運気だってキレイなところにやってきたいはず。

年末、厄落としのお掃除をして、Happyな運気、呼び込みましょう。

皆様の2017年にさちあれかし。