ソノテガ MyPage Cart

11

節分には
福茶をいただこう

img_04_12-001_web

節分に飲みたいお茶
福茶とは?

福茶は、煎茶やほうじ茶に、昆布、梅、福豆…などを入れたお茶。

昆布には “よろこぶ”
梅には “おめでたい松竹梅の1つ”
福豆には “まめまめしく働けるように”

という願いがこめられています。

福茶を飲めば、縁起がいい上に邪気を払うこともできる といわれ、節分はもちろん元旦、大晦日にも無病息災を願って飲まれています。

<材料>
お好みのお茶(ほうじ茶か煎茶)
福豆3粒(炒るとおいしい)
塩昆布か昆布佃煮
梅干し

作り方は簡単、豆・昆布・梅を器に入れてお茶を注ぐだけ。
節分の日には年の数だけ豆をたべるといいと言われますが、たくさん食べられない人は この福茶を飲むと、年の数だけたべたくらいの邪気払いパワーがあるのだとか・・・

福茶の梅は申梅で


福茶の梅は、あれかしの申年にとれた梅干しを入れてみてはいかがでしょうか。
申年の梅は、災いがさる、病がさる、ということで縁起がいいといわれています。申梅入りにすると、福茶がより縁起のいいものになるかもしれません。

申年の梅については、こちらでもご紹介しています。