ソノテガ MyPage Cart

18

塩を盛ってみよう!
おしゃれな盛塩

縁起のいい盛り塩を作ろう

「なんだかうまくいかないんだよね…。」久しぶりにゴハンを食べた友達がそう言った。

「分かる、その気持ち。」仕事だって自分なりにきちんとやっているし、笑顔でいることを心掛けているし、明るく前向きに生きられるように生活をしている、だけど、なのに、なんだかうまくいかない・・・。そういうことは誰だってある。運気というモノなのか、厄というヤツなのか…。

そんな時は、日々の中にちょっとしたお清めエッセンスを取り入れてみるのもいい。手軽にできる、盛り塩がオススメ。

盛り塩ってナニ?

盛り塩というのは、家や会社、お店の中や玄関に置く塩のこと。奈良・平安時代よりの風習で厄除け、邪気払いなどの意味があるとされていて、神棚や神前にお供えされることもあります。

盛り方も様々あるようですが、三角の円錐型にすることが多いようです。これには諸説ありますが、神道で円錐型に砂を盛る「立て砂」からきているという話やピラミッドもしかり、三角形というものが東洋・西洋問わずに天地や自然動かす力があるからという話もあります。

どうして塩を盛るの?

塩は、海水…海からとれるもの。日本では、古くから海に入って禊をして心も体も浄化してきたという歴史があります。そういうところからも、お清めという意味で今でも塩が使われるそうです。神社や神様の神前にも、塩が奉納されますし、神事にも塩がまかれ、お清めとして使われています。
そんなお清めの意味のある塩を、盛り塩というかたちで生活に取り入れることで、清々しい気持ちになれるのかもしれません。

盛り塩のやり方

お塩は、粗塩だと盛りやすいと言われています.それでもパラパラ崩れてしまう時には、霧吹きで少し湿らせてもいいそうです。置く場所は、家やオフィス、お店の玄関、部屋、キッチンなど、
気になるところに置きましょう。玄関の場合は、玄関の外の両側に、つまり2カ所に置きます。

塩は、毎日替えるといいと言われていますが、それは大変なので、少なくとも月に2回、それ以外にも塩の色が変わってきたり、塩が固くなったら替えるといいようです。そして、一度盛った塩は、お水で流しましょう。

さらに、より縁起のいい盛り塩を作るため、専用のお皿を使うのもおススメ。ふくろうなど縁起のよい動物をモチーフにした、“動物縁起もりしお”はかわいくて高級感もあるのでギフトにもぴったりです。

かわいいので気分も上がります。
運気を上げたい友人には、この“動物縁起もりしお”をプレゼントしようかな。さちあれかしと、願って…。

こちらでご購入出来ます
btn_are-store