ソノテガ MyPage Cart

あれかしマナー

お中元の由来とマナー

img_ec_manner_otyu_web

この時期になると、デパートなどでよく目にする「お中元」の文字。夏になると贈られてくるジュースやお菓子は小さい頃の楽しみの一つでした。大人になった今、お中元を贈る立場となり、ふと思いました。



 お中元の贈り方やどうしたらいいんだろう?
時期って決まっているのかな?
そもそもお中元とは一体何のための贈り物なの?


そこで今回は、お中元のマナーや由来についてご紹介します。

そもそもお中元の意味って何?

中元という言葉は、もともとは中国の年中行事「三元」の1つのこと。三元の日は過去の罪をあがなうため、祖先に供え物をし、身の汚れを清めていました。


三元とは・・・
旧暦の1月15日を上元
旧暦の7月15日を中元
旧暦の10月15日を下元


これが日本へと伝わり、仏教の盂蘭盆会(お盆)と一体化して、仏を供養する儀式となっていたそうです。お供え物を持参していた風習が、いつしか親戚や上司、取引先など、お世話になった方へのお礼の品やあいさつの品を贈る習慣へとなったのです。

お中元を贈る時期って決まっているの?

お中元の時期は、地方によって違いがあるそうです。


【関東・東北・甲信越】
7月初旬から7月15日


【北陸(地域によって差がある)】
7月初旬から7月15日
7月中旬から8月15日


【北海道・関西・中国・四国・九州】
7月中旬から8月15日


【沖縄】
旧暦の7月15日まで


受け取る側の地域の時期に合わせて贈るとよいでしょう。


また、うっかり時期を逃した場合には、暑中お見舞いや残暑お見舞いとして贈ります。

お中元とお歳暮って何が違うの?

どちらも日頃の感謝の気持ちを表すもので、半年に一度の大切なご挨拶になります。両方贈らないとマナー違反というわけではありませんが、片方だけ贈る場合はお歳暮のほうが良いとされています。

お中元は何を贈ったらいいの?

お供え物の意味を持っていたことから食品が多いようです。もちろん、贈る相手が喜んでもらえる商品選びが大切です。
特にお中元を贈るのは、暑い夏なので、ジュースやビール、そうめんやゼリーなどの清涼感を味わっていただけるものや、厚さで体調を崩さないように、スタミナのつく食べ物やスイーツなどが定番のようです。また、そのほかに贈り先の家族構成や好き嫌いなどについても考えた気配りが大切です。

金額はいくらくらいがよいのか?

平均的には3,000円~5,000円程度が一般的とされていて、金額についても決まっているわけではありません。また贈る相手との関係性、お世話になっている度合い、贈る相手の年齢や自分の年齢によっても変わります。

1度だけ贈ってみようかな

今回だけ贈る場合(一度きりで送る場合)は表書きに注意が必要です。一度限りで贈る場合は、表書きを「お礼」とします。

お中元を貰ったら

逆にお中元を頂いた場合は、なるべく早くお礼の手紙を出すように心がけましょう。また、明らかに高額なものを頂いた場合や、気持ちで返したい場合は、お返しの品を贈りましょう。ただし、お返しをする時期によって「お中元」から「暑中お見舞い」、「残暑お見舞い」に変えるなど、地域に合わせて季節のご挨拶をすると良いでしょう。


 

最後に

今年の夏も暑い日が続きそうです。
この夏、私もお世話になった人に、近況報告を兼ねてお中元を贈ってみようと思います。皆さんもぜひ贈ってみてはいかがでしょうか。