ソノテガ MyPage Cart

33

「お花を飾る」を贈ろう

忘れられない誕生日プレゼント

私には忘れられない誕生日プレゼントがあります。私が、30歳になった時に頂いた贈り物の1つにあった花器。「これからは、お花を飾れるような女性になってほしいな。」というメッセージが添えられていました。

それまでは、自分のためにお花を買うことなんてなかったけれど、このプレゼントをきっかけに、我が家にはいつもお花が飾られるようになったのです。

花のある生活

家に花を飾るようになって、よかったなと思うことはたくさんあります。
部屋の中が華やぐし、ちょっと嫌なことがあって帰ってきた時、朝はつぼみだった花が咲いていて思いもかけず慰められたような気にもなることもあったし、何よりも命ある花を育てていく中で、自分自身の心が育っていくような気がする。
img_04_34-002_web
そんなことがあって私も花器を贈るようになったのですが、お花を飾る初心者の方でも気軽に生けやすいように一輪挿しをプレゼントすることが多いです。

一輪挿しの『BITOWA』

一輪挿しといってもいろいろありますが、特にオススメしたいのが、漆器の伝統工芸“会津塗”を用いた『BITOWA』の花器。
img_04_34-003_web
大正時代から磨き上げられた「会津塗」の伝統技術を守りつつも、現代の風を注ぎ込み、新しいデザインを生み出して生きたいという気持ちでモノづくりに励んでいるのが『BITOWA』です。これまでの人生があったからこそ、今を生きることができて、これからの未来へと繋がっていく…そんな思いを重ね、あの人に贈ろうかな…と考えてしまうのです。

花と風水の関係

花は、どこにどんなものを飾ってもいいとされていますが、それぞれ与えてくれる運の特徴もあります。

img_04_34-004_webimg_04_34-005_webimg_04_34-006_webimg_04_34-007_web
img_04_34-008_web

と、花には様々な運の特徴があります。

どのお花を飾ろうかと悩んだ時、「そういえば、今、こんな運気をとりたいからこれにしよう!」という参考にして頂ければ嬉しいです。

 

『BITOWA』の詳細はこちら
btn_are-store